Tag Archives: edtech

Edtech「学習アプリ」プレイヤーたちのポジショニングとマネタイズ


リクルートの受験サプリやJUST Sysmtemのサービスなど、アプリ上で学習コンテンツを提供する「学習系アプリ」のCMを見る機会が増えてきました。そういえばちょうど去年の今頃は新規事業として同様のサービスの企画書を書いていたなぁと思い出したので、目についた各サービスのポジショニングをまとめてみました。

紙のコンテンツと比較すると、アプリはインタラクティブなコンテンツが作りやすいので、ゲーミフィケーションを活用して学習の継続性を高めようと工夫しようとしているのはみんな共通してます。特にドリコムがソーシャルゲームで培ったノウハウで教育市場を攻めていくようなので、どの程度ノウハウがヨコ展開出来るか楽しみ。一方、教育市場で実績のあるプレイヤーはアイテム課金ではなく定額課金の方を選択しているみたいです。

もし、仮に自分が同様のサービスを運営するとなったらやはりコンテンツの確保がかなり大変だなぁと思うのです。「学習サービス」という定義だと、学習効果があると「思わせる」コンテンツを提供しないと、サービスを使う本人なり親がそのサービスを選択してくれなそうだなぁ。DeNAがNHKエデュケーショナルと組んだみたいに、実績あるコンテンツホルダーと組んだほうがいい分野なんでしょうね。

そういえば、ドリコムやDeNAがedtechに乗り込んできてるのって何故なんだろ。当たると大きいゲームにリソースをつぎ込んだ方が儲かるような気がするのだけど、外すと損失も大きい。事業的なリスク回避のためだったりするのかな?この辺りは誰かに聞いてみたいなぁと思うのでありました。


インタラクティブな知育玩具「UBOOLY」がなかなかステキ

UBOOLY

サイトを見れば、どんなものかすぐわかると思いますが、専用のアプリが入ったぬいぐるみにスマートフォンを入れると、キャラクターとおしゃべりできるおもちゃです。どうやら「エデュケーショナル・トイ」という分野の製品らしいですが、なによりサイトの見せ方が非常にうまい。

こんなのプレゼントされると、子供は興奮しそうだなー。

スマートフォンやタブレットで市場をリプレイスできる余地が大きいと思っているので、以前から知育の分野には大きな関心を持っています。こういったアイディアをうまく活用することで、子供が楽しんで学べるサービスを作りたいなぁなんて思うわけです。

スマホを入れるぬいぐるみの値段は約30ドル。
アプリは無料ですが、アプリ内でのコンテンツ課金もあるようです。

ドリコムさんがソーシャルゲームのノウハウを教育アプリに転用して成功し始めているようですが、UBOOLYのように、ハード+アプリという知育の分野もアリなのではないかと。

【お知らせ】
ブログのFacebookページを作りました。
ブログ更新時にお知らせしますので、もしよければ「いいね」をお願いします。




アバターで教室を楽しくマネジメント!先生と生徒と親が使えるClassDojoというサービスが面白そう


教育系サービス(Edtech)が盛り上がってます。

最近、日本でも注目される教育系サービス(Edtech)ですが、アメリカでは先行してたくさんのサービスが出ています。そもそも、アメリカでは多くの移民を抱え、所得格差も大きいことから均等な学習を生徒に提供することが難しく、教育機関はとても苦労しているそう。

テクノロジーにより問題を解決できる余地が大きいことからEdtechの分野が注目されている、というのがアメリカで盛り上がっている背景のようです。

Edtechは個人的に関心の強い分野なのでいろいろ情報を集めているのですが、アメリカで提供されているClassDojoという小学校向けサービスが面白いなぁと思いました。

アバターを使ったリアルタイム通信簿


宿題を忘れる子がいたり、授業中騒ぐ子がいたり、いじめが発生したりと、小学校のクラス運営は大変なはず。日常の行動を改善してもらうための生徒へのフィードバックはせいぜいその場で叱ったり、通信簿に書いたりという感じだと思います。


ClassDojoを使うと、生徒が悪いことをすると減点、良いことをすると加点され、それが本人や親にリアルタイムにフィードバックされるようです。アバターを使ってゲームみたいに楽しく点数を競うことができるので、子供も常に監視されているという意識を持たずに学校生活を送ることができそうですね。

日本でも導入できたら面白いんじゃないでしょうか。

photo credit: woodleywonderworks via photopin cc