Tag Archives: C2C

「スマホ×旅行の勝者を目指す」ーーオーダーメイド旅行プラン製作のtabikulがローンチ

せっかく旅行に行くのであれば、自分に合った最高の体験をしたいという人は多いはず。旅行のプランを考えるのは楽しいのだけど、情報が点在していて調べるのに手間がかかるし、ガイドブックに載っている情報はありきたり。できれば現地の人が通うお店やスポットに行きたいけれど・・・と誰でも1度は考えたことがあるのでは。

そんな自分に合ったオーダーメイドの旅行プランを作ってくれるサービス「tabikul」が本日ローンチしました。開発したのは音声クラウドソーシング「Voip!」で有名なGrood。Voip!を通じて個人が持つ力の大きさを実感し、今回のサービスを開発したとのこと。代表の原口さんにお話を聞いてきました。

「旅コンシェルジュ」が作るオーダーメイドの旅行プラン

tabikulは自分に合ったオーダーメイドの旅行プラン作成からホテルや航空機の手配まで行ってくれるサービス。スマホやパソコンから「こんな旅行がしたい!」という見積依頼を行うと、旅行先の現地滞在・旅行経験者がオーダーに沿った旅行プランを72時間以内に提案してくれます。

旅行プランは現地に住んでいる方や現地への旅行経験がある「旅コンシェルジュ」が作成するため、現地の情報に基づく最適のプランを提案してもらうことができます。

旅コンシェルジュは下記の画像の通りかなり細かいプランを立ててくれます。チャット機能もあるため、コンシェルジュが立てたプランの詳細を聞いたり、より細かい要望を出しながら旅行プランを調整することも可能です。

スマホ×旅行の勝者を目指す

旅行業者の取扱高ベースで年間約6兆円、旅行消費額を含めると20兆円を超える巨大な旅行市場。多くの旅行代理店は提携先の航空会社やホテルから組み合わせた旅行プランを提供していますが、新興のLCCと契約できていなかったり、移り変わる旅行者のニーズに応えきれていないところが多いようです。

また、旅行サービスのスマホでの閲覧比率が年々増加している中、既存サービスのスマホ対応が遅れており、「スマホ×旅行」の切り口では勝者不在の状況であると原口さんは言います。

リリース時点で利用可能なのはフランス・イギリス・イタリアへの旅行のみですが、エリアはすぐに拡大してくれるはず。このサービスでまずは20-30代の女性をターゲットとしつつ、将来的にはシニア旅行や出張等多くのシーンでの利用を想定しているとのことですが、旅行に特別な体験を求めるユーザーのニーズに応えてくれそうな、聞いていて非常にワクワクするサービスでした。

tabikul

個人で開発中のサービス→α版参加募集中!ツール選びに悩んだらtoolbase



スタートアップが大企業に勝つための「戦わない」戦い方


大手メディアでもスタートアップ関連の情報を取り上げるところが増えており、以前より注目を集めているスタートアップ業界。サービスの内容や資金調達の状況、どの程度市場性がありそうか、伸びているのか、といった情報は大企業側にもアクセスしやすくなっていて、スタートアップが市場を切り開いた後に大企業が後発で参入なんてことを最近よく見かけるような気がします。

少し古い本ですが、「柔道ストラテジー」というハーバードビジネススクールの教授が書いた、過去にスタートアップや中小企業がいかに大企業と対峙し勝利を収めてきたかが書かれている本を読みました。柔道ストラテジーのメソッドを簡単に説明すると、大企業に敵だと思われない、大企業と正面で戦わない、戦いになったら相手の強みを「弱み」に変えるような戦い方をする、という感じ。

いくつか面白い事例があったので少し紹介してみます。

C2C戦争で勝利を収めたイーベイ

日本ではヤフオクがメジャーですが、海外ではオークションサイトいえばイーベイ。後発の大手企業の攻撃をかわし続けてきた結果、今の強大なポジションを築いています。

1998年にイーベイのIPO直後にヤフーが大量のトラフィックと出品料・取引手数料無料を引っさげ、オークションに参入してきました。イーベイも同様に価格で対抗するか検討されましたが、課金によって商品の質が保たれていると分析。価格面の全面対決を避ける決断を行いました。そのかわり、ヤフーが提供する簡易な商品登録方法やわかりやすいチュートリアルを取り込み、自社のサービスを改善したり、ヤフーのリソースが割けない草の根マーケティングキャンペーンを実施し、ヤフーという脅威を断ち切りました。

コカコーラが身動きができない隙に成長したペプシ

こちらはかなり昔の話。第一次世界大戦の終戦直後、アメリカ全土で独占的な支配状況を作っていたコカコーラに対し「まったく商売が成立しない」状況だったペプシ。ペプシが起死回生の手として選んだのは、値段はコカコーラと同じだが、中身が2倍のコーラを販売することでした。大恐慌時代の消費者はもちろんこれを大歓迎。一気に売上が倍増、マーケットシェアも急激に抑え始めるのですが、この状況をコカコーラは22年も放置することになってしまいます。なぜか。

当時、コーラはフランチャイズ権をもつ1,000を超えるパートナー企業たちによって瓶詰めされていました。ペプシ同様大きなボトルを採用することになると、既存設備の償却と新規設備の導入が必要となりパートナー企業の負担が一気に増加してしまいます。コカコーラが手をこまねいている間にペプシが大躍進を遂げる結果となりました。

紙メディアの弱点を突き成長したCNET

1990年代前半、テクノロジーメディアはジフ・デイビスやIDGなどの発行する紙媒体が中心でした。そこに風穴を開けたのは誕生したばかりのオンライン専業テクノロジーメディアのCNET。強敵が持つ資産やパートナーを負債に変え、たくみに動きを封じながら進化してきました。

CNETは速報性と情報量、さらにユーザー志向の媒体つくり上げることで順調にトラフィックを伸ばしていきます。一方で競合の紙メディアは優良な読者を抱え、高い広告料を維持してきましたがネットに進出することは既存のビジネスモデルを犠牲にする必要が生じます。既存の利益を維持したいという気持ちからネットへのフォーカスが遅くなり、CNETの躍進を結果的に放置。その間、さらなるクオリティの向上とデータベースなど技術が向上していき、追いつけないほど差が開いていきました。

最終的にジフデイビスは部門ごとに切り離され、ネットのメディアとして運営していたZDnetはCNETに買収されることになります。

と、こんな感じで事例がメソッドごとに整理して書かれていて、最後の方は大企業がスタートアップを資本力で倒す「相撲ストラテジー」なんてのがまとめられていてなかなか面白いです。まだの方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

運営中のFacebookグループ(B2Bスタートアップ情報を積極的に共有中)

2013年フリマアプリ冬の陣に挑む12のサービスと概要と手数料など一挙まとめ

「mixiマイ取引」でmixiの本格参入が発表されたフリマアプリ界隈。いつの間にか、というか急速にレッドオーシャンになりましたね。

短期間に続々と参入が続いてちょっと混乱しているので、フリマアプリをリリース順に整理してみました。(サービスインではなくアプリをリリースした日順)

Frilから始まりmixiマイ取引まで、1年4ヶ月の間に12ものアプリがリリースされてます。しかもサイバーエージェント、ヤフー、mixiなど大手ネット系サービスも相次いで参入しているこの状況から、この市場の活発さが伺えます。

しかもまだまだ参入してくるという噂もあり、いよいよユーザーはどれを使えばよいか分からなくなってしまいますよね。なので、何かの参考まで各社のサービス概要と手数料をまとめてみました。

フリマアプリは増加する一方だけどオークションアプリはほとんど出てきていない状況を見ると、前に書いた通りスマホ時代にはフリマのほうが相性がいいみたい。

スマホ時代の個人間取引は「オークション」より「フリマ」の方が良いのかな?

しかしまぁこんなに多くのプレイヤーたちが仲良く利益を分け合えるほどC2Cのマーケットは顕在化していなそうな気がするわけです、今のところは。いち早く質の良い出品者を囲い込めたところが一歩抜けだすんだろうなぁと思いました。




「掘り出し物」の個人間取引はスマホ時代でも「フリマ」より「オークション」の方が良いと思う

photo credit: Corvair Owner via photopin cc

スマホECやらC2Cの分野がアツすぎるので、最近書く記事が偏り始めていますが、懲りずにまたこの分野のことを。

スマホ時代の個人間取引は「オークション」より「フリマ」の方が良いのかな?

この記事で書いた通り、スマホユーザーにとって、複雑で手間のかかるオークションよりもフリマ形式の方がマッチしているのではないか、という考察を書いたわけですが、そうは言ってもオークション形式の方が盛り上がりそうな商品ジャンルってあるよなと思ったのでその辺りを書きます。

人によって価値が大きく異なる商品郡はオークション向き

多方面から絶好調と聞くFrilは「女子向け」という属性で特化して、ユーザーのコミュニティを上手に形成することで売買を活性化し、ヤフオクからユーザーを持ってきている感じっぽいです。

衣服は人によって価値は大きく変わらないので、売り手と買い手に金額感のギャップが大きくなければ、ムダにオークションで駆け引きするより、インスタントに取引できるフリマの方が合っていると言えるかと思います。

一方で、熱烈なファンを抱える商品や、一時的に人気が集中していて購入難易度が上がっている商品など、売り手は高い金額を払ってでも買いたくて、買い手は少しでも高い金額で売りたい商品って結構あると思うし、そういう商品の取引はやはりオークションの方が合ってるかなと思っています。例えば以下のようなジャンル。


●タレント・アニメグッズ
●レア度の高いノベルティ品
●何かしらの限定品
●人気コンサートチケット

「良質なコミュニティを形成し、売買を活性化する」という現時点でのフリマアプリの成功パターンは生かせなさそうですが、「掘り出し物が買えるアプリ」というポジショニングをとればスマホ時代でもそこそこサービスとして成立しそうな気がしますが、どうでしょうか。

売り手としては、1円でも高い金額で売りたいはずで、良質な買い手が一番多いサービスを選択するだろうから、現時点ではヤフオクがファーストチョイスになっちゃうのかな。
決済周りの簡便さなのか、商品のレアリティをうまく伝える工夫なのか、ポイントはまだなんとも言えませんが、エッジの立ったサービスを作れば、もしかしたらうまくいくかも?なんて思いました。

【お知らせ】
ブログのFacebookページを作りました。
「いいね!」でブログの更新情報が届きます。




写真共有アプリからECへのピポッドが加速しそうな予感

エニグモ運営のファッション型写真共有アプリ「stulio」がECアプリにピポッドするようです。
エニグモはもともとBUYMAを運営しているということもあり、ECやC2Cは得意分野のはず。今回のピポッドで投稿したアイテムをユーザー間で売買できるようになるため、コーディネートの「自分用ストック」と「他人へのシェア」と「個人間取引」が両立するきれいな感じになりそうです。

ただ、個人的にはエニグモに限らず、今回のような写真共有アプリ→ECへの方向転換の流れは加速していきそうな気がしています。

写真共有だけでは、儲からない。

instagramのようなノンジャンル型、フード特化型やファッション特化型などたくさんの写真共有アプリがリリースされていますが、マネタイズ手段はだいたい以下4つのはず。

●公式アカウントを提供し、企業からの定額売上
●フォトコンテストなどのタイアップイベントからのスポット売上
●マーケティングデータ販売(あんまりないと思うけど)
●写真プリントサービスやその他オプションサービスのユーザー課金

いろんな所で話を聞きますが、これだけだとユーザーが100万人単位になっても、マネタイズは結構きついです。バイアウトとかであれば話は別ですが、写真共有サービス単体で黒字のところって、今のところない気がしています。リリースして1年以上のサービスも増えてきたでしょうから、次の展開に踏み出そうとしている会社は多いかもしれません。

コマースへのピポッドは必然の流れ

サービスをリリースするときに将来的なマネタイズのことを考えるのは至極当然で、特にジャンル特化型の写真共有アプリの場合は、将来的にアプリ経由でコマースへの流れは多くのところが意識しているのではないかと思っています。

特にファッション系はフリマやオークションのようにC2Cへの転身がしやすいですし、snapeeeのようにアジア圏に大量のユーザーを抱えていれば、日本の商品をアジアのユーザーに買ってもらうEC的な流れも容易に想像がつきます。

今年はスマホECが盛り上がり始めていますし、C2Cもアツいわけです。C2Cのサービスを立ち上げて1からユーザーを集めるよりも、既にユーザーを抱えているサービスがC2Cとか始めちゃうほうが効率がよいですからね。

個人的にはインテリア系のC2Cが欲しいなぁと思っているので、インテリア写真共有のRoomClipとかがC2Cを始めてくれると助かるのですが・・・。

【お知らせ】
ブログのFacebookページを作りました。
「いいね!」でブログの更新情報が届きます。