Monthly Archives: 12月 2016

18歳の創業者やインフラ未整備地域へ医薬品を配送するドローンスタートアップへ投資ーーAndreessen Horowitzの投資実績(2016年11月編)


メディアをとりまく山火事は広がるばかりでインターネット界隈がざわついていますが、こんな時こそ視座の高い海外スタートアップの調達情報を眺めて深呼吸しましょう。a16zの10月投資件数は2件だったのでブログを書きませんがでしが、11月は比較的ボリューム多めの6社のスタートアップに投資を行っています。

Cross River Bank

テクノロジーに明るく、FinTech事業者とのパートナーシップで融資を行う銀行。AffirmやUpstartなど提携する15社以上のオンラインレンディングスタートアップ経由で2015年に24億ドル以上の貸付を行ったとのこと。また、Google Wallet、Stripe、TransferWise、Coinbaseなど新興サービスと統合できる決済ソリューションを提供。TransferWiseやAffirmなんかはa16zの投資先ですが、銀行がVCにお金を入れてもらうなんてことがあるんですね。

Zipline(シリーズB, $25M調達)

世界で20億人以上の人がインフラ未整備の問題で医療品へのアクセスが不十分な状態で5歳未満の子供が毎年290万人以上亡くなっているらしく、テキストメッセージで医療品を注文すると自動操縦のドローンが時速100kmで飛んで届けてきてくれる、社会問題解決しすぎのドローンスタートアップ。今のところアフリカのルワンダにて事業を展開中。なぜこのアイディアを思いついたのかLinkedInを見たのですが、ファウンダー兼CEOのKeller Rinaudo氏はハーバードでセル・オートマトンの研究に従事した後、プロのロッククライマーになりZiplineを創業している、異色というか天才なのでしょうね…。同じラウンドでSequoiaも投資に参加しているのですが、何がすごいかってこのラウンドのリードは日本の孫泰蔵さんが代表のVisionnaire Venturesなのですよね。

Rappi(シリーズA, 金額非公開)

a16zのポートフォリオとしてはかなり珍しい、コロンビアのデリバリースタートアップ。2016冬期のYC出身だからですかね。もともとは一般的なオンデマンドデリバリーのサービスとして食料品のは配達を行っていましたが、インフラや治安など信頼性の低い地域で現金授受のニーズが多いことを知り、ユーザーが引き出した現金のデリバリーもラインナップに加えているとのこと。

Quantopian(シリーズC, $25M調達)

トレーディングアルゴリズムに特化したGithubのようなコミュニティサービス。プラットフォームでは過去の米国株やETFの分速チャートを保持しており、Pythonベースで開発したアルゴリズムをもとにバックテスト(開発したアルゴリズムで本当に儲けることができるか、過去の相場データで確認する手法)をかけて、アルゴリズムの精度を確かめることができる。定期的にアルゴリズムの精度を競うコンテストも行われているようですが、日本のAlpacaに近いサービスですね。

PeerStreet(シリーズA, $15M調達)

Google Analyticsの原型であるUrchin SoftwareのファウンダーBrett Crosby氏が創業したスタートアップで、ロボアドバイザー for 不動産ローンと言ったらよいのかな、ちょっと違うかもですが。データ分析や独自のデューデリプロセスによりデフォルトリスクの少ない不動産ローンを商品として集め、ポートフォリオを組むことができるマーケットプレイス。実績は年利6-12%がアベレージらしく、PeerStreetはローンの金利と投資家の利益のスプレッドの範疇で手数料を支払う仕組みとのこと。

PapidAPI(シード、$3.5M調達)

イスラエル発、創業者が18歳という#地獄系スタートアップ。世にある大量のAPIがカテゴリ別、人気別に整理されておりフォローしておけば更新情報も入手可能。またアカウントを登録すればAPIとの接続テストを行うこともできる。a16zの他にSV Angelや500 Startupsなどが協調投資。

お知らせ

運営しているFacebookグループで、最近ちょこちょこと勉強会を開くようになってきました。オンライン上での知識だけでなく、起業家/エンジニア/VCのリアルな繋がりが生まれるグループに少しずつ変えていこうかと思っています。B2Bまわりのスタートアップ界隈にご興味のある方はぜひ。
B2B Tech Research



Show hints ➤