Facebookの「Workplace」がHR領域にもたらすもの




以前からFacebook at Workという名称でβテストを行ってきたFacebookのエンタープライズ向けサービスである「Workplace」が公開されました。Newsfeed、Group、Event、MessengerやCallsなど、投稿の範囲が導入した組織内に限られるという点以外は通常版Facebookとほぼ同様の使い方が可能で、プライベート用のFacebookアカウントと切り離されている点がなるほどなと。

Workplaceの特徴

まだ中身を触れてないのですがグループ機能がこのサービスの肝で、サイトの情報を見る限り特徴的なのはこのMulti-Company groups機能。グループでは文字投稿や写真、ファイル共有が可能で、社外の人を招待することで組織を超えたコラボレーションが可能とのこと。企業向けサービスは組織を超えたネットワーク効果が生まれにくいのですが、勝手に導入企業を増やせるバイラル性を持つ機能を付加したのがFacebookっぽいですね。

他にはAdmin画面で分析機能もしっかり実装している抜け目のなさも感じます。Workplaceは情報共有の効率化や風通しの良さといった定量化しにくい効果を求めて企業が導入するはずで、Workplace内でモニタリングできる利用率や組織コミュニケーションの絶対量をBefore/Afterで数値化したマーケティングができる。

導入企業はどんな効果を感じているか

おそらく前進のFacebook at Workの頃から使っている企業も多分に含まれているのでしょうが、既に世界で1000社以上が採用しているWorkplace。Booking.comやDanone、TBWAといった大きな組織もサービスを活用しています。サイトに掲載されている事例をまとめると、従来の社内メール、特にトップからのメッセージを配信する場合と比較するとコミュニケーションのインタラクティブ性が増し、情報伝達スピードが増し、拠点を越えたコラボレーションが可能になり、社内にあるスキルやナレッジが可視化される、といったところでしょうか。

Workplaceを取巻く今後の展開等々

学習コストの低さがペネトレーションへ与える影響

新しい社内コミュニケーションツールを導入するより、使い慣れたFacebookのインターフェースを踏襲するWorkplaceは圧倒的に学習コストが低い。導入効果は頭で分かっていても「どうせ社内のおじさんは使いこなせない」という理由から同様のツール導入を遠ざけてきた企業にとってはハードルが一気に下るのかも。一方で打倒Slack文脈でWorkplaceを紹介しているメディアが多いけれど、Workplaceは全社導入前提のサービスである気がなんとなくするので、エンジニア部門単独で導入の意思決定ができるSlackよりは成長スピードが遅い気がする。

組織の人間関係データ

本家Facebookは興味を持つと思われる投稿を選別しフィードに表示するアルゴリズムを実装していますが、同様に個人間の関係性データを活用した機能をWorkplaceでもおそらく出してくるはず。Likeの頻度、コメントの内容、フィードをスクロールする速度から職場の人間関係を推察し、組織へのエンゲージメントや組織構築に関するヒント、人事評価に活用できるデータに成形することができれば結構インパクトが大きいのでは。

3rd Partyの巻込み

Zyngaを始めとする3rd Partyのゲームで一気に成長したFacebookだけに、Workplaceもこのプラットフォームを活用したバーティカルのサービスに対する門戸をどの程度開くのかは注目したいと思っています。

お知らせ

運営しているFacebookグループで、最近ちょこちょこと勉強会を開くようになってきました。オンライン上での知識だけでなく、起業家/エンジニア/VCのリアルな繋がりが生まれるグループに少しずつ変えていこうかと思っています。B2Bまわりのスタートアップ界隈にご興味のある方はぜひ。
B2B Tech Research



Similar Posts: