Monthly Archives: 6月 2016

学生向けプログラミング学習ゲームや人事評価プラットフォームに投資ーーAndreessen Horowitzの投資実績(2016年5月編)


つい先日、生まれて初めてケータイ(iPhone)の画面を割ってしまったので修理に出したのですよね。受付から修理完了まで90分という短さと1万3,000円という金額の安さにちょっと驚いたんですけど、そもそも1万3,000円って結構な出費だし、それをiPhoneの本体価格に引っ張られて相対的に安いと思った自分に驚いています。

さて、我らがa16zですが5月は比較的少なめの3社に投資しています。早速行きましょう。

TOP of ベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzの投資実績(2014年7月編)
TOP of ベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzの投資実績(2014年8月編)
人工知能ミニカー、ノマド向け検索エンジン他Andreessen Horowitzの投資実績(2014年9月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2014年11月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2014年12月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年1月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年2月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年3月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年4月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年5月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年6月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年7月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年9月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年10月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年11月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年12月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2016年1月編)
脳を刺激し身体能力を向上するデバイスへ投資ーーAndreessen Horowitzの投資実績(2016年2月編)
有名ハッカー創業のAI運転や新興国向けモバイルバンキングに投資ーーAndreessen Horowitzの投資実績(2016年3月編)
個人投資家向けトレーディングツールやドローン向けセキュリティに投資ーーAndreessen Horowitzの投資実績(2016年4月編)

CodeCombat(シード投資)

タワーディフェンス型ゲームをベースに生徒が楽しくPythonとJavaScriptを学べる学習プラットフォームを開発。僕も学生時代にタイピングオブザデッド(知ってますか…?)のお陰でブラインドタッチができるようになったので、プログラミング学習においてもゲームが及ぼす影響は大きそう。

最近はドラッグ&ドロップでアルゴリズムを学べるビジュアル型のプログラミング言語がたくさん出ているみたいですが、CodeCombatは実際に生のコードを書いて学習できるので、文法や正しい構造をいち早く理解できるとのこと。小学3年生から高校3年生まで25,000人が授業でプレイしており、生徒ひとりあたり月10ドルで利用可能だそうです。

Reflektive(シリーズA投資)

入力のインタフェースをSlackやGmailなどと連携することで、社員のワークフローから離れずに人事評価を行えるツールを開発。確かに、四半期毎の人事評価のタイミングで社員のことを思い浮かべながらサーベイを埋めるよりも、日常のコミュニケーションのたびにデータを積み上げていった方が本来あるべき評価ができそうな気がするぞ。

前回の調達で初めてプロダクトを見た時はスピードExit狙いかなと思ったけれども、プラットフォーム指向っぽいし今後の戦い方が気になるスタートアップ。ちなみにサービスはTwillio、Glassdoor、Lyftあたりが導入。

TransferWise(シリーズD投資)

2国間の送金をマッチングすることで銀行に取られるはずの手数料を大幅に下げた金融サービスを提供するスタートアップ。2015年1月のシリーズCに続くフォローオンで評価額は$1.1Bでいわゆるユニコーン入りということに。従業員はもう600人以上もいるのか…。

お知らせ

運営しているFacebookグループで、最近ちょこちょこと勉強会を開くようになってきました。オンライン上での知識だけでなく、起業家/エンジニア/VCのリアルな繋がりが生まれるグループに少しずつ変えていこうかと思っています。B2Bまわりのスタートアップ界隈にご興味のある方はぜひ。
B2B Tech Research