TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年10月編)



木枯らしが街を赤橙に染め、日ごと長くなる夜に思いを巡らせるこの季節。年々勢いを増すハロウィンに沸き立つ雑踏を横目に泣きながら原稿を書いています。さて10月のa16zですがバラエティに富んだ8件のスタートアップに投資しています。いつも通りさっそく行きましょう。

TOP of ベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzの投資実績(2014年7月編)
TOP of ベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzの投資実績(2014年8月編)
人工知能ミニカー、ノマド向け検索エンジン他Andreessen Horowitzの投資実績(2014年9月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2014年11月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2014年12月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年1月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年2月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年3月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年4月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年5月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年6月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年7月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2015年9月編)

Vrse(シード投資)

VRコンテンツを扱うメディアを運営するスタートアップ。Vrseアプリをインスールしスマホをマウントしたディスプレイでコンテンツを体験できます。同様のスタートアップとして先日ディズニーから出資を受けたJauntがありますね。VRのメディアが増えてくると何故かDropboxに買われてしまったbubbliみたいなアプリがまた出てきそうな予感。

さてVrseですが背後に控える投資家がYoutubeのCo-founderのSteve Chen氏、アメリカの大手タレントエージェンシーWilliam Morris Endeavor Entertainment、新興WebメディアVice Media、ソフトバンクが$250M投資して話題になったLegendary Picturesとメディア・エンタメ系で集結しており各々の狙いを想像すると楽しいですね。

OnCorps

企業内の大量のデータから行動科学、機械学習、セイバーメトリクスを組み合わせ意思決定に役立つ示唆を届ける分析ツールを開発するスタートアップ。ターゲットは大企業でErnst & Youngなどがサービスを使っているとのこと。同じタイミングでゴールドマン・サックス、マッキンゼー、フィデリティが投資。創業は3年前で従業員は20名ほど。

Mino Games(シード投資)

当時19歳のJosh氏率いるチームが2012年に開発し700万DLを稼いだ、ポケモン風ゲームMinoMonsterを開発するゲームディベロッパー。リリースから累計$10M=約12億円稼いだらしく、今回の調達を期に新作のMinoMonster2をリリース。我らがa16zですが半年に1度くらいのペースでゲーム系スタートアップにも投資している気がします。

Reflektive(シード投資)

調達トレンドのひとつであるHR系スタートアップ。人事評価のフィードバックサイクルが短いほど従業員の生産性向上に繋がるらしく、それならばリアルタイムに評価してしまえという発想の人事評価サービスを開発。具体的にはGmailやOutlook、Slackと連携することで仕事上のコミュニケーションを取りながら、システムを切り替えずにそのまま上司、同僚が相手の評価を行うことができるようになっています。Pinterest、Lyfy、Optimizelyなどが50社が有料ユーザーとしてReflektiveを利用しているとのこと。

Optimizely(シリーズC投資)

ご存知、WEBやモバイルサイトのA/Bテストを簡単に実行できるサービスを開発するスタートアップ。今回のLead InvestorはIndex Venturesで累計調達額は$146Mに。前回シリーズBの調達を行った2014年5月と比較すると売上が2倍以上になっているとのこと。導入クライアントはCNN、Intuite、Microsoft、Virgin Airlineといった大手どころを抱えており、今後は成長分野であるところのモバイル方面の機能拡充を進めていく模様。

Bracket Computing(シリーズC投資)

プライベート/パブリックにまたがる、セキュリティに優れたクラウドの仮想インフラを提供するスタートアップ。企業内のデータ、アプリケーション、サービスをカプセル化し、一貫性のあるセキュリティ制御とデータ管理機能を適用可能。エンタープライズ、特に高いセキュリティが求められる大手金融サービス業と相性がよく、Wells Fargoのアクセラレータープログラムにも参加していたとのこと。調達した資金でグローバル展開を行っていくようです。

OpenGov(シリーズB投資)

行政向け経営(というか執行というのかな?)管理分析・予算策定支援サービスを開発する、いわゆるCivic Techスタートアップ。OpenGovを使っている他行政の予算執行状況や住民の所得、警察官の数や犯罪率を比較できたり、行政運営の透明性担保の為、市民が情報を確認できるダッシュボード(こんな感じ)も機能に含まれています。アナハイムやマイアミなんかがサービスを利用しており、この領域だとSocrataも有名。

Gobble(シリーズA投資)

忙しい人向けの食材デリバリースタートアップ。レシピ通りに料理が作れるように、予め切られた状態の具材や調味料入りで食材が届きフライパン1つ10分で調理ができる。ギフトとしてGobbleを頼むこともできるが、サブスクリプションサービスが前提の模様。創業は2011年で、昨年は1年間で100万食をカリフォルニアでデリバリーをした実績を持つとのこと。同様のフードデリバリー系であればa16zはInstacartにも投資していましたね、そういえば。

運営中のFacebookグループ(B2Bスタートアップ情報を積極的に共有中)


Similar Posts: