TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2014年12月編)



新年あけましておめでとうございます。ブログの投稿数が一気に減ってしまった昨年ですが、今年も引き続きAndreessen Horowitz(以下a16z)の投資実績を追い続けることでトレンド的なものをキャッチしていきたいと思っています。

12月は年末ということも関係しているのでしょうか、3件という少なめかつメジャーどころのフォローオン投資が目立ちました。早速行きましょう。

TOP of ベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzの投資実績(2014年7月編)
TOP of ベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzの投資実績(2014年8月編)
人工知能ミニカー、ノマド向け検索エンジン他Andreessen Horowitzの投資実績(2014年9月編)
TOP of ベンチャーキャピタル Andreessen Horowitzの投資実績(2014年11月編)

Mesosphere(シリーズB投資)

もともとはサーバー管理を行うオープンソースのソフトウェアを開発していたようですが、今回の調達と合わせてデータセンター用のOSをリリースしています。技術的なところを掘ってみないと詳しいことは言えないのですが、データセンターの運用効率化をサポートするサービスらしくサイトを見る限りでは物理/クラウド問わずデータセンターに必要なアプリケーションの環境を整えたり、コントロールできるインターフェースを構築できるらしい。

a16zはシード、シリーズA、今回と継続的に投資を実行しており、他にもSV Angel、Khosla Ventures、KPCBと支援しているVCがなかなか豪華。

Mixpanel(シリーズB投資)

日本でもだいぶメジャーなアクセス解析ツールを開発。Google Analyticsと比較するとユーザーの行動分析に特化しているのが特徴。導入自体は無料で可能だが、アクセス数が多くなるにつれ月額料金が上がっていくビジネスモデル。今回はシリーズBとして$865M評価で$65Mを調達したとのことで、今回の調達で使ったPitch Deckが公開されてて少しに話題になってた気がします。

Instacart(シリーズC投資)

今、欲しい生鮮食品を買ってくれて届けてくれるオンデマンドデリバリーサービス。ユーザーはInstacartのWebかアプリで食べ物や飲み物をカートに入れて決済すると、クラウドソーサーがユーザーの代わりに買って当日中に届けてくれます。

日本の特に都心ではコンビニや自販機がたくさんあるからどうかなーとは思うものの、日本の食品宅配市場は2012年時点で1.8兆円ほどあるらしく、そのマーケットの大きさを狙ってなのか日本でもInstacartインスパイア系のサービスがいくつか生まれています。個人的にはこの領域について確信的な話をまだ聞いたことがないので、引き続き情報を収集していきたいところ。



個人で開発中のサービス→α版参加募集中!ツール選びに悩んだらtoolbase

Similar Posts: