Instagramのデータから見る「自撮り好き都市」ランキング


海外の若年SNSユーザーのトレンドとなっているSelfie(自撮り)ですが、TIMEが興味深い調査を実施していました。

The Selfiest Cities in the World: TIME’s Definitive Ranking

Instagramのユーザーが写真につける「Selfie」タグと位置情報を抜き出し、都市別にランク付け。Selfie(自撮り)がよく撮られる都市が明らかになっています。調査対象全459都市中、1位から5位は以下の通り。

1位 Makati City and Pasig, Philippines
2位 Manhattan, N.Y.
3位 Miami, Fla.
4位 Anaheim and Santa Ana, Calif.
5位 Petaling Jaya, Malaysia

TOP5のうち2つが東南アジア。確かにFacebookやInstagramのトレンドを見る限り、東南アジア系の方々の自撮り写真が非常に多くアップされているイメージがあります。ちなみに日本は東京が413位、大阪が418位とかなりの下位。日本では「Selfie」という英単語がそれほど一般的でないので、タグがついた写真が少なくこんな順位になってると思われますが、それでも東南アジア勢に比べると自撮りする人はかなり少ないような気がします。

僕は自撮りもビデオチャットもちょっと苦手なのですが、この前書いたように、最近の若い子たちの間では自撮りへの抵抗感は薄くなっているらしい。実名と顔を晒すことが馴染まないので日本では難しいと言われてたFacebookが、楽しさと利便性がそれを上回ったことで流行ったように、日本でも自撮り文化が到来するのでしょうか。このあたりはmixiのmuukが流行るかどうかが大きく左右するかもしれません。



Similar Posts: