「Facebookの次」を考える為にネットを使ったコミュニケーションを整理してみた



コミュニケーションってヒトの本能的な欲求だと思うんですよね。

インターネットのおかげで手軽に多くの人とコミュニケーションを取ることができるようになっているけど、年齢や環境の変化で人間関係がアップデートされるように、主要なSNSも移り変わっていくのは仕様がないと思っています。

「Facebookはもうクールじゃない」とか「LINEの既読って疲れる」といった話題を目にする度、将来どんなコミュニケーションが主流になるんだろう?と最近よく考えます。

そこで、インターネットでコミュニケーションが取れる各サービスの状況を俯瞰的に見るためにマッピングしてみました。

ごちゃごちゃした図になってしまいましたが、横軸はテキスト、写真、音声、動画などコミュニケーションの手段を表しており、右に行くほど伝えられる情報量が多いです。例えば、手紙より電話、電話より実際に会った方が短時間に多くのことを伝えられることを想像してみると理解がしやすいはず。

縦軸はコミュニケーションを取る人数を表してます。1対1、グループ内でのコミュニケーション、オープンなコミュニケーションのだいたい3つがあるかと思います。

この図を眺めてみると、情報量と手間が少ないコミュニケーションはアクティブ率が高い傾向にあるように思えます。動画チャットや電話よりもメールの方が気軽だし、文章よりLINEのスタンプはスタンプだけでラリーが続くほど気軽にコミュニケーションが取れるような感覚がします。

今のところ、SNSの主要収益モデルは広告で、広告の売上を増やすためにはユーザー数とアクティブ率、あとはターティングのためにユーザーのデータなんかが重要です。IPOしたFacebookやTwitterがいる左下の領域は、繋がれる人が多く、アクティブ率が高いサービスが所属する領域。

ここ最近は、左上の領域の主にメッセンジャー系サービスが成長してます。クローズドなサービスはネットワーク効果が働きにくいけど、炎上や遠慮が少ない気軽なコミュニケーションが取れるので、今後の主流になっていくのかも。

また、動画系のサービスも注目され始めていて特に、ツイキャスやVineは認知度がかなり上がってきているように思えます。昔は動画ってハードル高いよなーと思っていたのですが、これらのサービスが普及し自分を動画に映し人に見せる心理的コストが下がると、今後、Undaのような1to1の動画コミュニケーションサービスも一般化するかも。

これからさらに、ハードウェア、特に新しいウェアラブルデバイスが出てくることで、どんなコミュニケーションが生まれてくるのか、引き続き見守っていきたいと思います。

個人で開発中のサービス→α版参加募集中!ツール選びに悩んだらtoolbase


Similar Posts: