「誰でも売れる」の次は「誰でも作れる」かもしれない。Andreessen Horowitzが投資するTeespringが面白かった



2013年は誰でも簡単にECサイトが開設できるBASEやStores.jpみたいなサービスが盛り上がりましたね。

簡単にネットショップを開設できることで、従来よりもオンラインでモノを売るハードルが下がりましたが、まだまだ「売れるものがない」という人が多いのではないでしょうか。3Dプリンタの登場でモノづくりのハードルも下がった的なことが言われてますが、それでもまだ一般人が乗り越えるには高めのハードルです。

そんな中、先月くらいにAndreessen Horowitzが投資していたTeespringというサービスが面白かったので軽めに紹介します。

誰でも簡単にTシャツが作って、売れる


最初にユーザー登録も必要なく、いきなりTシャツ作成画面からスタート。Tシャツの色や形を選んで、表面・裏面に好きなデザインを入れることができます。デザインも画像をアップロードするだけだし、テキストもフォントと色を選んで入力するだけ。なんか楽しい。右下は1枚あたり作成に必要なコスト。Tシャツの種類を変えたりすると、コストが変化します。

左上のSales Goalは、目標販売数。その下の1枚あたりの販売金額を入力すると、下に出てくるのは全て販売できたときに手にできる利益の金額。このTシャツを売り切ると$252の儲けが出る計算です。で、さらにおもしろいのが次。

在庫を抱える必要がない


実はこれ、クラウドファンディングのような仕組みになっていて、予め売上目標枚数を達成する購入希望があったときのみ製造されるようになっています。通常の商売は仕入れなり、製造コストなりのリスクを売り手が背負うのですが、この仕組みを使うとニーズがなければそもそも作らないので在庫を抱える必要がありません。

おもしろいなー、これ。この方法はTシャツ以外にも応用できそう。


Similar Posts: