Facebookが創業以来買収してきた43社を分析したりTwitterと比較してみたりした



TwitterAppleAmazonに続き、今回はFacebookの買収リストを作ってみました。情報ソースによってバラつきがありますが、2004年の創業以来43社の企業を買収してきたFacebook。まずは時系列毎に買収してきたスタートアップをリストアップしてみます。

で、これをスタートアップのジャンルや買収の目的と考えられる5つの要素に整理してみました。

「SNS/位置情報」・・・Facebook同様のSNSや位置情報共有など特化型SNSを運営
「顔認識/写真共有」・・・写真共有サービスや画像処理テクノロジ、顔認識サービスなどを開発
「広告/収益強化」・・・アドネットワークやFacebookのマネタイズの助けとなるサービスを運営
「デザイン/開発強化」・・・バックエンドのサービスやデザインを得意とする開発会社
「開発者向けプラットフォーム」・・・アプリやゲームなど、開発者向けプラットフォームを運営

2011年からスマホ領域の買収が一気に増加

2007年から2011年までPC関連の買収が中心でしたが、それ以降はスマホ領域のスタートアップの買収が一気に増加しています。そういえば昔のFacebookのスマホアプリはHTML5で動作が遅く使いづらいと評判だったなぁ。モバイルの収益化も遅れていて大丈夫か?なんて言われていたけど、今や広告売上の半分はモバイル経由。買収したこれらの企業も寄与しているかもですね。

また、FacebookのIPOは2012年5月でしたが、IPO前後の4ヶ月間でInstagramを始め、一気に10社ほどスタートアップを買収していることが分かります。

Twitterの買収と比較してみる

これは以前作成した、Twitterが買収してきたスタートアップをカテゴリ分けした図。

これを見ると、Twitterはソーシャルリスニングやビッグデータ分析系、セキュリティ系のB2Bスタートアップを結構買収していましたが、Facebookはこれらのジャンルの企業をほとんど買収していません。同じSNSでも買収する企業の種類に違いが見て取れるのは、設計思想やマネタイズや将来のビジョンから来るものなのか、なかなか興味深かったです。また、創業から上場までの買収件数はTwitterもFacebookも同数の29社でした。

このシリーズの次回は、ハードウェアの領域へ進出してきているGoogleの買収リストを頑張って作ってみたいと思います。



Similar Posts: