日本発のバイラルメディアで海外へーー「笑い」特化型バイラルメディア『CuRAZY』の伊藤さんに色々聞いてみた


「Dropout」「Whats」「Buzzlive!」「animul buzz」「Candle」などなど、SNSでシェアしたくなるインパクトの強い動画をキュレーションする、いわゆるバイラルメディアがここ数週間でたくさん立ち上がっています。

去年のフリマ系アプリよりも短期間にたくさん立ち上がっているので、このトレンドって一体何なんだろう?なんて事を思っていたら、CuRAZYという笑い特化型バイラルメディアを立ち上げたBitgather伊藤さんにお話を聞く機会を頂いたので、気になるところを色々と聞いてみました。

East Venturesの大河さんがきっかけに

バイラルメディア、すごい勢いで立ち上がってますね。CuRAZYを立ち上げてみて、いまのところ反響はどうですか?

CuRAZYを立ち上げてまだ数日ですが、イケダハヤトさんに取り上げて頂いたり、動画をソーシャル上でシェアしていただいたり、一定の反応を得ることができています。アクセスはスマホ中心で集まっているのですが、実は技術上のトラブルがあり、スマホで動画が2日間見れていなかったことが発覚してしまって・・w 今は治りましたがとてももったいないことをしてしました。

なるほどw そもそも伊藤さんはなぜこのメディアを立ち上げるに至ったのですか?

海外に9GAGという月間28億PVを集めるお笑い系のメディアがあって、前からこんな感じの物を作りたいなぁと思っていました。会社の株主であるEast Venturesの大河さんにそのことを相談してみたら、最近バイラルメディアに勢いがあるからまずは作ってみたら?と背中を押してくれたので、サイトを1日半で製作しました。

「笑い」は海外でも通用する

ちなみに、なぜ「笑い」に特化したんですか?

まず、動画のキュレーションを行う上では特化した方が運営しやすいというのがあることと、「笑い」のコンテンツは海外展開がしやすいと考えています。日本語圏だけを見てしまうと、成長の限界が早期に来てしまうかもしれないと思っていて、「笑い」はノンバーバルなコミュニケーションが可能なので、日本発でも海外の人に受け入れてもらうことができると思っているんです。

実験的に、ほとんど同じのコンテンツを配信するFacebookページを作ってみたのですが、日本語のページよりも英語で作ったページの方がリアクションが圧倒的に上だったんですよね。日本発のコンテンツと相性が良いのは、マレーシアとか台湾とかアジアの国々。サブカル系のコンテンツとか海外でどの程度通用するか試してみたいですね。

参入障壁が低いため、たくさんのバイラルメディアが立ち上がってくることが予想されますが、どのような差別化を考えていますか?

現在、動画のコンテンツはアメリカの友人や会社のスタッフで探しているのですが、面白いコンテンツを継続的に配信できることがひとつの差別化要素になると思います。あとは早めにインフルエンサーを獲得することが重要だと思っています。インフルエンサー候補は1,000人程度リストアップしているので、その人たちが興味を持ってくれるように頑張って働きかけて行きたいですね。

伊藤さんによると、アメリカのバイラルメディアは2年くらい前からちょうど今の日本みたいに乱立し始めて、コンテンツの質やデザイン力でPVに差が生まれ、継続的に運営ができる力があるところが生き残っているようです。

今後日本でどんなバイラルメディアが立ち上がってくるのか、どんなところが生き残っていくのか、このトレンドには興味があるので引き続きウォッチしていきたいと思います。伊藤さん、ありがとうございました。





Similar Posts: