Edtech「学習アプリ」プレイヤーたちのポジショニングとマネタイズ



リクルートの受験サプリやJUST Sysmtemのサービスなど、アプリ上で学習コンテンツを提供する「学習系アプリ」のCMを見る機会が増えてきました。そういえばちょうど去年の今頃は新規事業として同様のサービスの企画書を書いていたなぁと思い出したので、目についた各サービスのポジショニングをまとめてみました。

紙のコンテンツと比較すると、アプリはインタラクティブなコンテンツが作りやすいので、ゲーミフィケーションを活用して学習の継続性を高めようと工夫しようとしているのはみんな共通してます。特にドリコムがソーシャルゲームで培ったノウハウで教育市場を攻めていくようなので、どの程度ノウハウがヨコ展開出来るか楽しみ。一方、教育市場で実績のあるプレイヤーはアイテム課金ではなく定額課金の方を選択しているみたいです。

もし、仮に自分が同様のサービスを運営するとなったらやはりコンテンツの確保がかなり大変だなぁと思うのです。「学習サービス」という定義だと、学習効果があると「思わせる」コンテンツを提供しないと、サービスを使う本人なり親がそのサービスを選択してくれなそうだなぁ。DeNAがNHKエデュケーショナルと組んだみたいに、実績あるコンテンツホルダーと組んだほうがいい分野なんでしょうね。

そういえば、ドリコムやDeNAがedtechに乗り込んできてるのって何故なんだろ。当たると大きいゲームにリソースをつぎ込んだ方が儲かるような気がするのだけど、外すと損失も大きい。事業的なリスク回避のためだったりするのかな?この辺りは誰かに聞いてみたいなぁと思うのでありました。



Similar Posts: