クラウド郵便受サービス「Outbox」にグッときた


郵便物(主にDM)は毎日届いているのでしょうが、物臭な人間なものでポストの中身を確認するのは週に1回程度。たまに支払い関係の重要なお知らせなんかも入っているし、しばらく保管しておかなければいけない書類なんかも届くことがあるわけで、郵便物の選別・管理って結構面倒くさいなーと思っています。最近では請求書や領収書とかをスキャンしてEvernoteに一旦入れる人もいるようですが、そこまでマメな人を見ると自分にはできないなぁなんて思うわけです。

そんな困った郵便物の管理を一気に解決できそうなサービスが「Outbox」です。

郵便物を代理で受け取り、データにして送信してくれる

提供してくれるサービスの内容は至極シンプルで、郵便物を週3回個人の郵便受けから回収してスキャン。電子化された手紙はアプリやWebから閲覧可能なデータとして届けてくれます。また、紙で欲しい手紙は改めて郵送してくれたりもします。

郵便物のデータを見ながら、以降は読む必要のないDMは購読リストから削除できたり、逆に毎回ちゃんと紙で届けて欲しい郵便物を選択することもできたりするようです。

初月無料で2ヶ月目以降から$7.99/月の料金が発生するようですが、プライバシーさえちゃんとしてれば全然課金していいなーと久しぶりに思えたサービスでした。残念ながら現在のところ、アメリカのみのサービス提供となっていますがアドバイザリーのメンバーも豪華なようなので、一気に成長して早く日本でも展開してくれると嬉しいなぁと思いました。




Similar Posts: