iPhone発売以来Appleが買収した21社を眺めて買収技術の製品化スピードに驚いた件


Twitter買収企業リストの記事がたくさん読まれていてビックリしています。

未上場なのに29社も買収していることへの驚きや、買収スパンの短さなど様々な反応をいただきましたが、総じてアメリカ半端ないわ、というリアクションで多数を占めていたような気がします。買収リストについて、いろんなバージョンを見たいという声もいただいたので、AppleがiPhoneを発売してから買収した企業のリストを作ってみました。

ハードウェアを作っているだけあって、半導体メーカーをいくつか買収しているのがTwitterと大きく異なるところ。で、これをiPhoneとiOS進化の歴史と並べてみたのが下の図。

Siriに代表されるように、Appleが買収した技術をiPhoneに取り込んでいるのはよく知られた話ですが、驚いたのはそのスピード。会社を買収してから製品に組み込んでリリースするまでの期間の短さがすごい。

例えば、iAdのQuattro Wirelessを買収したのは2010年1月で、iAd搭載のiOS4.0がリリースされたのは2010年6月。買収からたった5ヶ月で自社製品にしてしまうこのスピード感が半端ないです。この前リリースされたiPhone5sの指紋センサーもAuthenTecの持つ技術だったんですねー。

直近で買収した乗換系のサービスやパーソナルアシスタントのサービスがどのように活用されるのでしょうか。Siri進化に活用されるか、MAPアプリに活用されるか、はたまたi乗換がリリースされるか、今後もAppleから目が離せません。





Similar Posts: