「ベンチャー」の出現頻度が下がってませんか、Google先生。


僕の周りだけかもしれませんが、最近、ベンチャー企業に行きたい!よりもスタートアップに行きたい!という大学生が増えてきているような気がします。同様にベンチャーを立ち上げるんだ!という人よりもスタートアップを立ち上げるんだ!という人の方が多くなっている気も。

メディアの掲載も中堅ベンチャーよりもスタートアップの方が取り上げられやすいように感じており、世間の注目がスタートアップに集まってきているということは間違いない気がします。

いろんな媒体で「スタートアップ」という言葉を目にする機会が増えてきましたが、そういえば「ベンチャー」って言葉を聞く機会が前より減っているような気がしたので、Googleトレンドで調べてみました。

ライブドア事件まっさかりの2005年をピークにだんだんと検索ボリュームが減っています。2013年は多少回復していそうに見えますが、やはりダウントレンドな言葉なのでしょうか。

一方で「スタートアップ」を調べてみたのですが、3年前以降の検索ワードはどうやらスタートアップ企業ではなく、OSのスタートアップについてがメインらしく、残念ながら参考にならず。

ちなみにGoogleトレンドで遊んでいたら楽しくなったので、「半沢直樹」と「あまちゃん」の比較も貼っておきます。半沢直樹の方は放送がある日曜日に検索が集中しており、あまちゃんの方は比較的コンスタントなボリュームを稼いでいます。どちらも話題のドラマだけあって、回を重ねるごとにボリュームが増えていますが、半沢直樹の最終階付近が爆発してますね。すごいなこれ。





Similar Posts: