zaimと連携したクックパッドの狙いを考察してみるお。


クックパッドのIR資料に「食に関する生活インフラ」として出資先のzaimが入っていたので、今後どう連携していくのか注目していましたが、まずは「特売情報の通知」という機能で連携を開始したようです。

クックパッドの「特売情報」と連携を開始しました

家計簿と特売情報の連携ってどういうこと?って思ってしまいますが、

「家計簿を付ける際、節約目的のなかでも特に関心が高いものの一つが食費になります。
またクックパッド株式会社が 2012 年 7 月に実施したアンケートでは、「新聞を購読していない」ユーザーが 37%となり、スマートフォン等での特売情報閲覧のニーズが高まっています。そこで今回、家計簿上で特売情報を確認できる機能を追加いたしました」

ということから、「家計簿をつける人は節約に敏感である」というユーザー象が浮かび上がってきます。つまり、特売情報を通知してくれることは「家計簿をつけるユーザー」にとってメリットが大きいということであり、zaimユーザーによってはいい連携になるのではないでしょうか。さらに、クックパッド的には「食に関わるサービス」でユーザーの囲い込みを強化することができるので、その後のプレミアムサービスへの誘導や、データ販売にもつなげることができそうですね。

zaimには、ユーザーがいくらの収入を得て、何にお金を使っているか、という情報が細かく、大量に蓄積されているはずです。どんな人にどういう食品・食材が売れているのか、という詳細なデータが手に入ることで、クックパッド自体が今後サービスを開発していく上で重要な判断材料になるし、企業に販売するマーケティングデータとしてもさらに価値あるものになる気がします。

【お知らせ】
ブログのFacebookページを作りました。
ブログ更新時にお知らせしますので、もしよければ「いいね」をお願いします。

Similar Posts: