注目の特化型クラウドソーシングサービス5選



特化型クラウドソーシングが増えてる!

ランサーズクラウドワークスが大型の資金調達を行っていることでも注目されているクラウドソーシング業界。前回の特化型クラウドファンディングまとめに続き、今回は特化型クラウドソーシングをまとめてみました。

翻訳特化型クラウドソーシング「conyac(コニャック)



翻訳したい文章を入力し言語を選択すると、世界中の訳者から翻訳した文章が届くサービス。conyacは僕も使ったことありますが、訳者からのレスポンスが早くなかなか使い勝手がよいです。昔は短めの文章専用でしたが、最近は長文の翻訳にも対応している模様。

ロゴデザイン特化型クラウドソーシング「designclue



世界中のデザイナーがコンペに参加してくれるところが特徴。リニューアルしたTechWaveのロゴはここのサービスを使って決めていたはず。

音声特化型クラウドソーシング「Voip!



個人的にはこれ面白いなーと思いました。すごいニーズありそう。コンテンツやアプリで音声を入れたいなぁと思って専門のところにお願いすると結構な値段するんですよね。発注側は確実に単価が下がるし、声優学校に行ってる学生さんなんかはいいバイトになるんじゃないでしょうか。

プロフェッショナル特化型クラウドソーシング「CloudEXPERT



5分間500円で社外の専門家に相談できるサービス。まだオープンして間もないようですが、SEO特化型のココナラのような感じなのかな?このジャンルには興味あるのでしばらく見守っていきたいです。

ゲームのイラスト特化型クラウドソーシング「MUGENUP



キャラデザイン、背景、線画などパート単位での受注も可能な模様。ソシャゲイラスト特化のサービスがあるなんてビックリしましたが、それだけ受発注側双方にニーズがあるということでしょう。

photo credit: IronRodArt – Royce Bair (“Star Shooter”) via photopin cc



Similar Posts: