雨後の筍のごとく出現する特化型クラウドファンディングサービスをまとめてみた



増殖するクラウドファンディングのサービス

サイバーエージェントも参入すると話題のクラウドファンディング市場。どうやら盛り上がっているようです。クラウドファンディングの仕組みはどこも同じで、プロジェクトの起案者が応援者から資金を募り、目標額をクリアできればプロジェクトをスタート。出資者には見返りとして特典をプレゼント、というのが基本のスキームです。日本国内のクラウドファンディングは、昨年くらいであればREADYFOR?CAMPFIREの両雄が頑張ってマーケットを盛り上げていましたが、最近になって特化型のクラウドファンディングが多数出現してきています。

起案者、出資者どちらにもメリットのある特化型

プロジェクトの起案者としては、自分のプロジェクトに共感してくれる人が多いプラットフォームの方が資金調達の可能性が高くなるし、出資者としては自分が応援したいプロジェクトを見つけやすいプラットフォームを継続的にウォッチするはず。となると、特化型のクラウドファンディングって理にかなっています。ということで、最近気になるジャンル特化型のクラウドファンディングサービスをまとめてみました。

女子特化型”GREEN GIRL”


スポーツ特化型”Sportie FUND”


モノ特化型”Cerevo DASH”


アニメ特化型”anipopo”


映画特化型”FiRoom”


市場性と運営が継続のポイント

という感じで属性軸や趣味思考軸など、いろんな特化型サービスがあるようです。特化したマーケットにニーズがないと、サービスを継続できないし、魅力的なプロジェクト起案者を継続的に探さないといけないし、サイトに訪れてくれる出資者を集めないといけないし、という感じで泥臭いオペレーションが必要だと思われる特化型クラウドファンディング。ただ、自分のやりたい事を実現するための資金集めの手段としてクラウドファンディングが一般化するのであれば、きっと少しだけ世の中が面白くなりそうなので、文化としてなんとか定着して欲しいなぁと思っています。なので、プレイヤーの皆さんには頑張っていただきたい限りです。

photo credit: marfis75 via photopin cc

Similar Posts: