iPhoneアプリの審査でトラブったら、ココへ電話しよう。


審査の関門

iOSアプリの開発はAndroidと異なり、多種多様な機種に起因する多くの問題に対処する必要がありません。テスト工数が少ないので、作りやすいといえば作りやすいです。

ですがその後アプリとして世の中に出すために、審査という大きな関門があるのがiOSアプリの特徴です。

特に、課金周りを実装すると普段よりもかなり厳し目に審査されるため、Appleとトラブルになるケースも少なくないようです。

僕が審査に出したアプリが「In Review」のままAppleに2ヶ月放置されるというレア体験をした際、メール連絡ではどうしようもなかったときに、開発者向けのTELサポート窓口が書かれている下記サイトを発見しました。
WorldWide Telephone Support

このサイトを発見したお陰で、日本の担当の方に直接電話でき、アメリカの審査担当に連絡をつけてくれ、ようやく事態が進展し始めましたとさ・・・。

Similar Posts: